Soiku ユーザーサポート 創育TOPページ
 トップページ | 製品別サポート | OS対応一覧 | お問い合わせ

太助2プラス/太助2NETプラス

 
 

クラス編成はどう行うの

<クラス編成とは>
クラス編成のための基礎資料を作成し,学年更新用のデータを作成します。

・「均等割り振り」する「項目」にあてはまる生徒がなるべく均等になるように
・旧クラスがなるべくバラバラになるように
・各クラスの成績がなるべく均等になるように
という点を満たすように,生徒を割り振ります(上のものほど重視します)。
学年更新のデータを自動的に作成します。
このデータは通常の学年更新をしたものと同じように修正することができます。

<データの準備>
クラス編成用の成績データの準備とクラスごとに均一にしたい項目の登録をします。
これはまだ学年を上げずに行います。
成績の生成......クラス編成用の成績の生成(読み込み)を行います。
成績入力......成績の入力・読み込んだ成績の修正
項目の登録......生徒を均等に割り振る「項目」の名称の登録を行います。
項目の入力......登録された項目に各生徒があてはまるかどうかを実際に入力。

<均等割り振り>
旧学年で項目や成績などのデータを入力します。
基本情報を一つ上の学年にしてください。
「学年更新」の画面にし,さらにその中の「学年更新」のタブを選びます。
メニューバー:学年更新の「クラス編成」から「均等割り振り」を選択してください。
成績,項目,旧クラスを考慮して自動的な割り振りを行います。

補足:男女混合名簿の場合でもこの操作を行う段階では新学年分を「男女別」とし,ある程度確定した段階で男女混合に変えると分かりやすいかもしれません。

<内容の確認と修正>
レポートにクラス編成確認用の表をいくつか用意しています。ご利用ください。
(「編成組別表」「平均点・有項目者数一覧」「新(旧)クラス旧(新)クラス対応表」「有項目者一覧」)
この結果は「学年更新」の画面で生徒をドラッグして修正できます。またクラスをドラッグするとクラスを入れ替えます。

<補足 転入生について>
今バージョンでは,新学年に登録した生徒がいる場合も処理できるようにしています。


 ただし人数のバランス等完全な対応はできません。できるだけ,旧学年に追加登録し学年更新するか,学年更新完了後,新学年に追加登録するようにしてください。

 
  この製品のサポート情報のトップへもどる  
     
 
Copyright(C) 1997-2003 SOIKU Co.,Ltd