Soiku ユーザーサポート 創育TOPページ
 トップページ | 製品別サポート | OS対応一覧 | お問い合わせ

太助2プラス/太助2NETプラス

 
 

教科と科目って何

<基本>

「太助2」では,試験の教科の管理を「教科」と「科目」と2段階に分けて行っています。入力は「科目」で行います。出力は「科目」のまま行うことも,「教科」を利用して「科目」をまとめることもできます。

 一番基本的な発想は,教科の「社会」に対して「地理」「歴史」「公民」といった科目があるということです。ただし,操作を統一するため,それぞれの「教科」の最初の科目として教科名と同じ内容のものを用意しています。

【各場面での利用方法】

<科目名の登録>
「科目名の登録」は,「科目の並び順」を設定する画面から呼び出します。
1つの教科について4つまでの科目を登録することができます。
 (ただし最初の一つは固定のため自由に登録できるのは3個)

<テスト登録(得点の入力)>
テスト登録のときに,利用する「科目の並び順」を選択します。
得点の入力のときに使用するものは「科目」です。
同じ「教科」の「科目」は2つまで利用することができます。
同じ「教科」を2「科目」利用する場合は,「両方受験する/どちらかを受験する」を選択します。

<レポート作成(出力時)>
レポート作成時に出力用の「科目の並び順」を選択します。
この並び順では,「教科」と「科目」が利用できます。
「教科」を利用すると「科目」をまとめることができます。

○「科目」が登録されている場合,対応する「科目」を出力します。
「両方受験」の場合も「どちらか受験」の場合も利用できます
○「教科」が登録されている場合,
 その「教科」の「科目」が1つの場合
 その得点を出力します。テストごとに「科目」が変わってもかまいません。
 その「教科」の「科目」が2つの場合
 「科目の扱い」を参照します。
 ・両方受験する場合
  2つの「科目」の得点の和を出力します。
  どちらかを受験していない生徒は,未受験扱いです。
 ・どちらかを受験する場合
  入力してある「科目」の数値を,出力します。
  両方入力してある場合は,左側の数値を出力します。

 
  この製品のサポート情報のトップへもどる  
     
 
Copyright(C) 1997-2003 SOIKU Co.,Ltd